新日本無線−マイクロ波コンポーネント


Top > 製品情報 > 旧製品 > K-band: NJR4232 series

製品情報/旧製品

製品に関する注意事項

MODEL No.NJR4232 series 24GHz帯 Multi-mode センサー モジュール

特長
FPGA制御の高安定PLL回路搭載よる
         3つのセンサーモードを実現
FMCWモード
ドップラーモード
リンクモード
高感度マイクロ波受信機と周波数掃引を
    選択・制御できる高機能送信機を一体化
100m以上先の人を検知可能
*注) 弊社標準平面アレイアンテナ 使用時
マイクロ波積層基板による小型化
屋外用レドーム付気密筐体に対応可能
特定小電力無線局 技術基準適合証明 準拠
国内において屋内外で使用可能
センサーモードの概要
■ FMCWモード 180MHzのFM掃引を利用して対象までの距離測定が可能
■ ドップラーモード 50kHz間隔256chの固定送信と最大8ch(2ch x 4パターン)の連続ステップ掃引を利用して移動体の検知が可能
■ リンクモード 2台以上対向し、1台を受信機にその他を送信機とすることで、対向型ラインセンサーや電波スイッチに利用可能
主な仕様
項 目 仕 様
送信周波数 24.05 〜 24.25 GHz
送信電力 導波管出力端0 dBm
(標準アンテナ使用時 100 mW EIRP)
受信NF 15 dB @100kHz
FMCWモード
掃引周波数幅
掃引時間
IF帯域
受信利得
リニアFM変調
180 MHz (24.067 〜 24.247 GHz)
1,024 usec
20-300 kHz
72 dB
ドップラーモード
設定可能周波数
ステップ掃引
IF帯域
受信利得
固定/ステップ掃引
24.050 〜 24.064 GHz (50 kHz step / 256 ch.)
最大8ch. (2ch. x 4パターン)
0.3-30 kHz
56 dB
リンクモード
設定可能周波数
IF帯域
受信利得
(複数台必要/1台は受信専用)
24.050 〜 24.064 GHz (50 kHz step / 256 ch.)
0.3-30 kHz
56 dB
検波出力 2出力(直交検波)
IQ位相差 90°±10°
電源電圧 +6 VDC
消費電流 スタンバイ時: 25 mA
出力時: 300 mA
使用温度範囲 -30 〜 +55 ℃
外形 モジュール単体: 88(D) x 74(W) x 22(H) mm
アンテナ込: 176(D) x 133(W) x 29.5(H) mm
---